語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007/07/31

[]005号 「わたしの外国語上達法」 23:04 005号 「わたしの外国語上達法」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 005号 「わたしの外国語上達法」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 005号 「わたしの外国語上達法」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語・仏語・伊語 トリプル三冠王による

語学の虎の巻 [書評] 英語・外国語学習法  - 005号 -

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。寅彦と言います。

外国語学習は順調ですか?

メルマガの第5号をお届けします。

このメルマガの編集方針につきましては、創刊準備号をご覧ください。

こちらです。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070620

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今週の本 「わたしの外国語上達法」ロンブ・カトー著 米原万里訳

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お薦め度: ★★★★☆

私のバイブルの一冊です。

「平均的な学習者」向けの勉強法を提示しつつ、理論の面も多岐にわたり

書いています。

実行可能度: ★★★☆☆

一日一時間半外国語の学習に充てられる人なら

その他、読んで頂きたい方: 

米原万里のファン

通訳志望の方


「私の外国語学習法」 

ちくま学芸文庫 2000.3  価格 998円

アマゾンはこちらから

http://www.amazon.co.jp/dp/4480085432/ref=nosim/?tag=gogakunotoran-22

最初の200ページは、自分の外国語学習法とその理論的説明。

その後、著者の言うところの「平均的学習者」向けの勉強法の提示。

最後は通訳という職業について書かれています。

我々「平均的学習者」には「わたしの外国語上達法」の章が割り当てられて

いるのですが、著者の外国語学習へのアプローチは興味深く、いろいろな

ヒントが見つかりますので、他の部分もお薦めです。

続きを読む

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070731

2007/07/29

[]004号 「外国語学習に成功する人、しない人」 16:55 004号 「外国語学習に成功する人、しない人」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 004号 「外国語学習に成功する人、しない人」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 004号 「外国語学習に成功する人、しない人」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

86ページに、「誤用分析の限界」という項があります。

 

学習者の間違いを分析することで、習得パターンが分かるというものです。

 

他方、「学習者は使いにくい表現を『回避』することがあります」として、誤用分析の限界を指摘します。

 

確かに、そのような傾向はあります。

 

しかし、誤用として収集されたモノがあるのであれば、それを分析するのは有効でしょう。

続きを読む

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070729

2007/07/24

[]004号 「外国語学習に成功する人、しない人」 19:58 004号 「外国語学習に成功する人、しない人」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 004号 「外国語学習に成功する人、しない人」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 004号 「外国語学習に成功する人、しない人」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語・仏語・伊語 トリプル三冠王による

語学の虎の巻 [書評] 英語外国語学習法  - 004号 -

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。寅彦と言います。

英語・仏語・伊語ができます。

証券会社で経理をやっています。(これが出る頃にはヤマを越えていると

思います)

第4号をお届けします。

このメルマガ編集方針につきましては、創刊準備号をご覧ください。

こちらです。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070620

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今週の本 「外国語学習に成功する人、しない人」白井恭弘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お薦め度: ★★☆☆☆

具体的な方法と言うよりは第二言語習得論の入門書です。

理論は不要という方は、「付録 知っておきたい外国語学習のコツ」

6ページ分を立ち読みで十分。

読んで頂きたい方: 納得しないと始められない方にお薦め

外国語学習のヒントを科学的に説明しているのは興味深いです。

(岩波科学ライブラリーの一冊です)


外国語学習に成功する人、しない人」 第二言語習得論への招待 

岩波科学ライブラリー 100 2004.10  価格 1,155円

アマゾンはこちらから

http://www.amazon.co.jp/dp/4000066005/ref=nosim/?tag=gogakunotoran-22

続きを読む

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070724

2007/07/23

[]003号 「古代への情熱22:03 003号 「古代への情熱」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 003号 「古代への情熱」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 003号 「古代への情熱」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

第一号で紹介した千野栄一外国語上達法」を読み返していたら、いきなり4ページ目に、「シュリーマンの『古代への情熱』は愛読書の一つで、シュリーマンがつぎつぎと外国語をモノにしていくところは繰り返し読んだ」とありました。

 

岩波文庫版で読んだのかなぁと一瞬思いましたが、きっと原書で読んだのでしょうね。

 

このように、いろんな本がいろんな本を紹介していて、そのつながりで読書が拡がっていくのは「笑っていいとも」のテレフォンショッキングのような感じです。

 

もちろん、昔の人が今の人を、シュリーマン千野栄一を紹介するわけにはいきませんので、最近の本から昔の本を遡るということになります。

 

それはブログトラックバックみたいなものですね。

 

メルマガでは訳の違いについて書きました。

 

ドイツ語をやって、原書に当たろうかという気が少しだけしています。

 

 

ランキング参加中です。こちらもクリックで応援お願いします。

英語学習 ランキング

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070723

2007/07/21

[]M君、七回忌 21:56 M君、七回忌 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - M君、七回忌 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 M君、七回忌 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

7/21 土曜日

 

仕事を抜けて、M君の七回忌に行ってきました。

 

M君には双子のお兄さんがいたのをすっかり忘れていました。

不思議な感じがしました。同じ顔で、同じ身振りで。

 


 

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070721

2007/07/20

[]002号 「なんで英語やるの?」 00:22 002号 「なんで英語やるの?」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 002号 「なんで英語やるの?」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 002号 「なんで英語やるの?」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

普段以上に大げさな動きで発音練習を行うのは、他に「ジングルズ」という団体があります。

 

かつて、お試しレッスンに参加した時の記事はこちらにあります。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/shibutora/20061223/1166838481

 

会社の同僚が、ここのCDを使って発音強化トレーニングを開始しました。

結果をまたご報告します。



ランキング参加中です。こちらもクリックで応援お願いします。

英語学習 ランキング

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070720

2007/07/17

[]003号 「古代への情熱22:29 003号 「古代への情熱」  - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 003号 「古代への情熱」  - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 003号 「古代への情熱」  - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語・仏語・伊語 トリプル三冠王による

語学の虎の巻[書評]英語外国語学習法  - 003号 -

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。寅彦と言います。

英語・仏語・伊語ができます。

証券会社で経理をやっています。(四半期決算の真っ只中です)

第3号をお届けします。

このメルマガ編集方針につきましては、創刊準備号をご覧ください。

こちらです。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070620

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今週の本 「古代への情熱 シュリーマン自伝シュリーマン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お薦め度: ★★☆☆☆

第一章「少年時代と商人時代」が語学学習関連です。

30ページちょっと。立ち読みで可。

実行可能度: ★★☆☆☆

完璧に真似するのは難しいでしょうが、パーツパーツは参考になります。

読んで頂きたい方: 古代への情熱がある人。記憶力に自信がある人。

古代への情熱 シュリーマン自伝

岩波文庫 1954.11  価格 483円

アマゾンはこちらから

http://www.amazon.co.jp/dp/4003342011/ref=nosim/?tag=gogakunotoran-22

シュリーマン(1822-1890)

少年時代にトロヤ戦争物語絵本で読み、いつかトロヤの遺跡

発見しようと決意。

長年にわたる猛烈な勉学と経済的苦闘を経て、ついに独力でトロヤの

遺跡発見した。

続きを読む

club_3club_32007/07/21 13:19小学生の頃から、シュリーマンのファンでした。子供向きのシュリーマン伝記から入り、その後『古代への情熱』を読みました。語学習得のエピソードもよく覚えています。「たとえ相手が理解できない言語でも、人を前にして話し続ける」という逸話もあったかと思います。後年、外国語学習で話す相手がいないので「猫や犬に話している」「ぬいぐるみに話している」人がいる、という笑い話を聞きましたが、この方法もあながち間違いではないのでは、と思っていました。
「莫大な量のインプット、連続して学習」というのは、本当に有効だと思います。
私はDVD『ハリー・ポッター3』を、約8ヶ月間、飽きずに毎日見ていました。(もちろん全部ではありません)1でも2でもなく『3』だったのは、当時最新巻だったからというのもありますが、主人公たちがだんだん成長してきて英語が大人英語に近づき、ニュアンスのある英語(私にとってですが)が聞け興味深かったからです。加えてコックニーやスラングも含め、多様な英語を耳と目(英語字幕)で知ることが出来ました。
本は『ハリー・ポッター6』が中心です。これは『5』(ただいま映画上映中)が恐ろしくつまらなかったので、早く次の本を読みたい一心で英語版を初めて読みました。最初はまったく全然これっぽっちも何が書いてあるのかわからず、結果的に何回も何回も読み返すことになりました。5~6回読むと、不思議に意味がわかってきました。それでもわからない時のみ、辞書を引きました。
この1冊の語彙だけで英検準1級に受かったと思います。
『ベルばら』も然りで、フランス語の旅行会話だけではなく表現の幅を広げたいと思っていた時に見つけ、『ハリー・ポッター6』と同じ読み方で読み進めました。
こちらも半年以上にわたり、毎日毎日読んでいました。

英語もフランス語も決して高いレベルに至っているわけではありませんが、基礎も生活上の必要性も時間も潤沢な費用も記憶力も無い私が自分で願っていた以上の世界を覗けるようになったのは、今から思うとシュリーマンの方法を無意識に受け入れていたからかもしれません。

辞書と文法書の必要感を感じるようになったのは、つい最近です。
膨大な量のインプットで、いつの間にか自分のレベルが上がったかな?という時期を過ぎ、時間が経った現在、忘れていること出来なくなっていることの多さに愕然としています。(おバカだからでしょうが・・・)
文法と辞書的理解は、知識の整理と転用のために必要だと思うようになりました。
アウトプットについては、現在方法を模索中です。

語学をダイエットになぞらえられる寅彦師匠の発想にドキッとした私。
維持することは難しい・・・実感しています。
語学学習においても自分自身についても、ダイエットをしようと決心するより自分に合ったサイズのものを探してしまう自分に、思わず苦笑してしまいます。
「こんな仕事がしたい」とか「こんな服が着たい」という明確な目標があると、アプローチも変わってくるのでしょうが・・・

melmamelma2007/07/23 22:08 
club_3さん、こんにちは。
長文コメントありがとうございます。
 
いくつかお返事したいこともありますが、これから登場するメルマガでカバーしている内容もあり、今回はお礼に留めさせて頂きます。
 
 
(決算が終わったので私もダイエットを始めます)
 

KoelschKoelsch2007/08/30 23:57「古代への情熱」岩波文庫
「古代への情熱」角川文庫
「古代への情熱」新潮文庫
「シュリーマン」ルートビッヒ 白水社

興味があるので原文で読もうと探してみたけれど
それぞれどの本が原著なのか確信が持てないので
(「古代への情熱」と「シュリーマン」はどうも著者が違うようです)
原著名を書いていただけると嬉しいです。
本の前扉のあたりに書いてあると思います。

melmamelma2007/08/31 12:54 
Koelschさん、こんにちは。
「古代への情熱」は、シュリーマンの作品です。
リンクはこちら
http://tinylink.com/?g1vaRILqEl
翻訳については、どの版を使っているかが微妙に違います。
岩波文庫は1936年の第二版を使って1954年に出ましたが、その後1955年の第八版を使った改訂版が1976年に出ています。
角川文庫はどの版を利用したかの記載がありません。岩波文庫を参照したとありますが、翻訳が1967年ですので、古い版でしょう。
新潮文庫は1960年の九版を使っているようです。
 
ルートビッヒは、Emile Ludwig "Schliemann, Geschichte eines Goldsuchers" Paul Zsolnay Verlag, Wien 1932 が原著です。
肝心のシュリーマンの言葉は、「晩年の彼は、それをこう説明している」とだけ書いて引用しており、その出典がどこかについては記載がありません。
 
Koelschさんに読んでいただいて、ついに謎が解けますね。
 
よろしくお願いします。
 

Harry OHarry O2007/09/26 20:35はじめまして。「そういや語学検定で1級三冠王なんているんかな?」と検索してここに来たところ
好きなシュリーマンの話が・・ということで、国会図書館に行ったおりに調べてメモしてきました。

2. klein Ubersetzungen macht, (UberのUにウムラウト)
3. taglich eine Stunde nimmt, (tagのaにウムラウト)

まず3.は「毎日授業を受ける」で正解です。辞書のStundeを見ると語義が
【1.「時間」2.「授業時間、レッスン」・・・】
*レッスンを受ける/Stunden nehmen  (nimmtはnehmenの三単現)という例文まで出ています。
「毎日一時間をあてる」だなんて(自分が昔読んだのも岩波の村田数之亮訳)別の箇所で「まったく
時間を盗んで勉強したのである」「過度の興奮のため私はほとんど眠れず」とあるのと明らかに矛盾
するから、読んでいて「おかしいな?」と引っかかったのに訳者は気にならなかったのかな?

問題は2.ですが、英語の語順にすると、do(make) little(small) translation, これをどう解釈するか?
ネットでhttp://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/cat1764974/index.htmlという翻訳者のブログ
でも、この学習法の部分の訳を問題にされており(2006.8.26 Autobiography of Heinrich Schlieman)
古い英訳も引用しています。それによると without making a translation,
つまり英訳者はkleinを英語のlittleのように、われわれが中学で叩き込まれたような
「littleにaがつかないときは”ほとんどない”という否定の意味」と解釈しているわけです。

しかし、独和辞典でkleinを引くと、1〜7まである語義に、「不定冠詞がつかなければ否定的ニュアンス」
というのは見当たらず、4に「程度」(ちょっとした、、)とあり、「ちょっとした翻訳」「短文を翻訳」
とした訳者はそっちを採用したのでしょう。(でも、長文は翻訳しないのか?とか突っ込まれそう)

そこで「翻訳はなるべくしない」くらいに取ってはどうでしょうか?
まだ19世紀半ばで、当時の外国語教育はラテン語教育のような「文法訳読方式」オンリーだったから、
それに対するアンチテーゼとして、(西欧語の語順は似ているから)「(単語を辞書でひいて)文の意味
が分かりさえすれば、何もわざわざ全文を自国語に書き直さなくてもいいはず」と主張しているのでは?
それでも語順が英独で違っていて意味がよく分からないような文が出てくれば、翻訳をする、というか
訳を読んで構文を理解する、というのまでは否定してないと思うのですが。

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070717

2007/07/16

[]melma 22:25 melma - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - melma - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 melma - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

このブログアドレスは、メルマガ用だということで、melma という言葉を使っています。

 

今日イタリア語の本を読んでいたら、melma という単語が出てきて驚きました。

 

手持ちの電子辞書で調べてみると、

 

名 女

1.泥、泥土、ぬかるみ

2.卑劣、下劣、破廉恥

 

とありました。

 

かなり失敗したような気がします。。。。。 (泣)

 

英語学習 ランキング

 

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070716

2007/07/15

[]001号 「外国語上達法」  22:33 001号 「外国語上達法」  - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 001号 「外国語上達法」  - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 001号 「外国語上達法」  - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

第7章 「教師」より

外国語上達法には、ことばについての理論である言語学と、学習の中で重要な意味を持つ記憶を扱う心理学と、教授法を論ずる教育学の三つの基礎が必要である。(114ページ)

 

言語学関連の本も入門書を中心に何冊か読みました。

それでも、即効薬を求めて、SLA(第二言語習得)関連が中心です。

じっくりやらなければと思っているのですけれど。

 

心理学も、言語に近い部分はアンテナに引っ掛かってきますが、これも基礎からやらないといかんですね。

 

教育学は、定年後に外国語教室をやるために始めましょうか。


ランキング参加中です。こちらもクリックで応援お願いします。

英語学習 ランキング

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070715

2007/07/12

[]第ニ号 発行しました 01:17 第ニ号 発行しました - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第ニ号 発行しました - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 第ニ号 発行しました - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

一週間で一冊読むのは、一度読んだ本であっても大変ですね。

前に読んだ時に気づかなかったポイントなどもあり、参考になります。

 

今回は「再び....」の方も読み直したので、2冊読んだ事になります。

 

四半期決算とぶつけてメルマガを始めてしまった自分の計画性の無さを嘆きながら、次の原稿書きを開始しております。

 

メルマガとは別に、こちらで「用語集」を作っていきたいと思っています。

 

外国語ができる」とか「ペラペラになる」とか、その定義をきちんとしないと話がかみ合わない事になりますし。

 

言葉勉強ですから、言葉の定義からしっかりとやりたいと思います。

 

 

ランキング参加中です。こちらもクリックで応援お願いします。

25位近辺でうろうろしています。

英語学習 ランキング

 

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070712

2007/07/10

[]002号 「なんで英語やるの?」 22:55 002号 「なんで英語やるの?」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 002号 「なんで英語やるの?」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 002号 「なんで英語やるの?」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語・仏語・伊語 トリプル三冠王が送る

語学の虎の巻[書評]英語外国語学習法  - 002号 -

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。寅彦と言います。(ペンネームです)

英語・仏語・伊語ができます。

証券会社で経理をやっています。(四半期決算の真っ只中です)

第2号をお届けします。

このメルマガ編集方針につきましては、創刊準備号をご覧ください。

こちらです。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070620

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今週の本 「なんで英語やるの?」中津燎子 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お薦め度: ★★★★☆ (読み物としても)

読んで頂きたい方: 発音に興味のある方。早期英語教育に興味のある方。

昭和49年大宅壮一ノンフィクション賞受賞作品で、読み物として

面白いです。

なんで英語やるの? 中津燎子 (なかつ りょうこ)

文春文庫 1978.4  価格 ?? 中古でしか入手できないようです。

アマゾンはこちらから

http://www.amazon.co.jp/dp/4167195011/ref=nosim/?tag=gogakunotoran-22

著者は1925年福岡市生まれ。

28年に、ウラジオストクに渡り、37年帰国。戦後福岡国連軍

電話交換台に勤務する。

56年渡米し、65年帰国後、家事の傍ら英語塾を開く。その体験記が

この本。

続きを読む

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070710

2007/07/04

[]第一号 発行しました 23:29 第一号 発行しました - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第一号 発行しました - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 第一号 発行しました - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

無事に第一号を発行することができました。

 

書きたいことが色々あって、しぼるのに時間がかかりました。

 

発行部数 72部でした。

これからどんどん増えていくと嬉しいです。 

 

さて、私のお気に入りの「外国語上達法」ですが、ブックオフでも割と見かけますし、アマゾンマーケットプレースでも、1円(+送料)で何冊か出品されています。

 

是非手にとっていただきたいと思います。


アマゾンはこちら。

 

ランキング参加しました。こちらもクリックで応援お願いします。

50位近辺でうろうろしています。

英語学習 ランキング

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070704

2007/07/03

[]001号 「外国語上達法」 23:09 001号 「外国語上達法」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 001号 「外国語上達法」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 001号 「外国語上達法」 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語・仏語・伊語 トリプル三冠王が送る

語学の虎の巻[書評]英語外国語学習法  - 001号 -

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。寅彦と言います。(ペンネームです)

証券会社で経理をやっています。

英語・仏語・伊語ができます。

このメルマガ編集方針につきましては、創刊準備号をご覧ください。

こちらです。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070620

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今週の本 「外国語上達法」千野栄一 岩波新書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お薦め度: ★★★★★ (必読 !!)

読んで頂きたい方: 初学者から上級者まで。複数言語をやろうと考えている方にも

お薦めです。

外国語上達法 千野 栄一 (ちの えいいち)

岩波新書 1986.1  価格:¥ 735

アマゾンはこちらから

http://www.amazon.co.jp/dp/4004203295/ref=nosim/?tag=gogakunotoran-22

著者は言語学者。東京外国語大学名誉教授

チェコ語を中心にスラブ語学が専門。


記念すべきメルマガ第1号は、やはり「外国語上達法」でしょう。

私のバイブルの一つです。

この本に早い時期に会えたことを感謝しています。(もっと早く出会いたかった

という気もしていますが)


各章の最後に著者がまとめを書いているので、それだけをざっと読むという

読み方もあるでしょう。

第1章の「はじめに」の最後に、

外国語の習得にはその習得を容易にするコツがあり、まずはそのコツを知る

ことが大切である。以下にそのコツについて述べることとする」

とあります。

期待させてくれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エッセンス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・なぜその外国語を習うのかという意識を明確にすること

・その外国語をどれだけ勉強するかを決める

読み・書き・話せるの三拍子揃ったレベルまでやるのか。

読めるだけの受け身の言語にするのか。などの方針を決定する。

習得する語彙についてもターゲットを決める。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■内容

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1章「はじめに」に続いて、第2章から第12章はつぎのようなタイトルです。

目的目標/必要なもの/語彙/文法/学習書/教師/辞書/発音/会話/

アリア/まとめ

それぞれが興味深い内容ですが、すべてをご紹介していたらものすごく長い

メルマガになってしまいます。

ここでは第2章~第4章を中心にご紹介します。

・第2章「目的目標

外国語をやるとなると、読む・聞く・書く・話すの四つの分野の力をまんべんなく

伸ばすことが必要だと当然のように思われていますが、そうではないと書かれて

います。

例えば、「英語ペーパーバックが読みたい」「情報収集のためにネットの英文

記事を読みたい」と言う人は、読む力だけ付ければ良いわけです。

四技能揃っていない語学力未完成の劣ったものだと考えてしまうことで、使う

予定のない能力にお金と時間をつぎ込んでしまいます。

「単に2週間の旅行のための外国語なら、20までの数と、ごく身近な挨拶とを

勉強すれば足りるとしなければならない」(30ページ)

複数言語をやろうとしている人にとっては

「必要でない言語を単に教養のためとかいって三つも四つもやることは、人生での

大きなむだ以外の何物でもない」(31ページ)

という言葉が耳に痛いでしょう。

私も英仏伊を一通りこなして次の言語をどれにしようかと考えていた時期だったの

ですが、これで踏みとどまりました。


・第4章「語彙」

第3章の「必要なもの」で、絶対覚えなければならないものは「語彙」と

「文法」で、かつこの順番が大切(まずは語彙)と述べています。

まずは勢いで千語覚えること。

次に、「自分はこの外国語で何語覚えるかを定める」ということ。

目的目標」の項で明らかになった自分の目的に合わせて語彙数が決まります。

「大体どの言語テキスト(書かれた資料)でも、テキストの90%は3千の語を

使用することでできている」(55ページ)

フランス語の話し言葉のように千語で90%を越すものもあれば..」(56ページ)

と言う言葉に、到達点が急に近くなったような気がして勇気づけられないで

しょうか。

さらに著者は頻度数ジャンルの広さという軸のマトリックスを提示し、

積極的に覚える語、積極的に見逃す語、判断する語に分けています。

このマトリックスは新鮮かつ重要です。(59ページ)

以下の四つのグループに分けます。

A 広いジャンルに出て頻度数の高いもの

B 広いジャンルに出るが頻度数の低いもの

C 狭いジャンルに出るが頻度数の高いもの

D 狭いジャンルに出て頻度数の低いもの

まずはA を覚える。

次にBを覚える

Cは自分に必要なジャンルのものを覚える。それ以外はDと同じ

Dは辞書に任せることにして、覚えようとしない


市販の単語集も基本語彙を越えたところからは誰にでも合う語彙ということが

難しくなり、使わない単語を覚える -> 使わないから忘れる -> 自分はダメだと

嫌になりつつまた覚える -> また忘れる という悪循環になります。

初級者に限らず、中上級者においても単語を忘れることに臆病にならない

ことが必要だと思います。

忘れてしまった単語は自分にとって重要性が少ないから忘れたのであり、

もともと覚える必要の無かった単語だったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感想

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この本の良いところは、入門者向けに書かれていることです。

それでいて上級者にも、特にこれから二つめ三つ目の外国語を学ぼうとしている

人にも様々な発見があります。

外国語上級者が本を書く場合、「上達した今の自分にとって、あるいは直前の

自分にとって何が効果的だったか」にフォーカスしがちで、それは必ずしも

入門者や初級者には役に立つアドバイスでは無いことがあります。

英英辞典を使いなさいとか、TIME誌を通読しなさいとか。

著者が複数言語をマスターしているという点も安心できるところです。

英語だけをやっていたのでは見えてこない勉強法、英語の世界だけで(誤って)

信じられている勉強法が明らかになるのではないかと期待できます。

そのうち次の言語を始めたくなるかも知れませんし、人によっては英語以外が

最も必要な外国語になるかも知れません。

何語にでも通じる勉強法を知った上で目先の(英語の)勉強をすれば、その後の

第二、第三外国語につながっていくことでしょう。

会社の近くの丸善に、この本を見に行ったところ、「1986.1.20 第1刷  

2006.11.6 34刷」とありました。

最近新書は、タイトルで惹き付けて内容がペラペラというものが時々あるの

ですが、このように増刷を続けているものは、本選びの際に安心感を与えて

くれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■おまけ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まだまだ書きたいことは沢山あるのですが、この辺りにします。

ここでカバーできなかった点については、ブログ語学の虎の巻」にポイント

そのうち書いてみたいと思います。

この本は私には強く響いたのですけれど、響き方は人によってまちまちです。

この本を読んでの感想を語り合う集まりなどができれば良いなと思っております。

それではまた来週。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者略歴

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

澁澤寅彦 (しぶさわとらひこ) (ペンネームです)

1962年生まれ。福井県出身証券会社の経理マン

2002年から2005年の四年間に、英仏伊の3カ国語それぞれで三冠(ガイド試験

検定1級、EUのC2レベル試験)を達成した。

高校時代は箏曲部に所属 (生田流)

───────────────────────────────────

メルマガ名: 語学の虎の巻[書評]英語外国語学習

発行者 : 澁澤寅彦 ( shibu.tora@gmail.com)

発 行  : まぐまぐID= 0000238273

配信停止 : http://blog.mag2.com/m/log/0000238273/

─著者ブログ 他──────────────────────────

語学の方程式』(語学関連の日々の活動と発見

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/shibutora/

語学の虎の巻』(当メルマガ バックナンバー他)

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/

──おまけブログ───

『宝庫』(語学関連以外の日々の発見

http://d.hatena.ne.jp/shibutora/

『サルバトール・だれ?』(ただのお笑い

http://blog.goo.ne.jp/shibutora/

mixi やってます

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=632399

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────

・無断転載はご遠慮ください

・お友達への転送はご遠慮なく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070703

2007/07/01

[]創刊準備号 13:26 創刊準備号 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 を含むブックマーク はてなブックマーク - 創刊準備号 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 創刊準備号 - 語学の虎の巻 [書評]英語・外国語学習法 のブックマークコメント

  

講読登録者は37名になりました。ありがとうございました。

 

読者の方から早速質問をいただきました。

 

メルマガで、単語集、会話・フレーズ集は扱わないと宣言してますが、

文法書は、対象ですか?ついでに言うと、辞書も対象ですか?

 

週間でメルマガを発行するとなると、一週間でレビューする必要があるのですが、文法書や辞書は一週間で読み切ることは難しいですね。

(そもそも通読するようなものかどうかという問題がありますが)

 

もちろん、本を紹介している中で辞書の選び方、文法書の選び方という話になれば、それに合わせて書いていきたいと思っております。




ランキング参加しました。

英語学習 ランキング

トラックバック - http://shibutora.g.hatena.ne.jp/melma/20070701