Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007/04/13

暗号

06:44

 

未知の言語を聞いてみると、それは意味のない音の連続でしかありません。勉強をすることで、そこに規則があることを知り、意味が取れるようになります。

 

それはモールス信号のようなものです。ルールが分かれば意味が取れます。

 

モールス信号では音の長さだけがルールです。(多分。よく知らないのですけれど)

音の高さだけをルールとする『言語』があっても良いでしょうし、その組み合わせであっても良いでしょう。

 

モールス信号では音の高さが多少異なっても伝わります。(多分)

半音上がっても、半音下がっても問題になりません。(多分一オクターブ変わっても)

 

この『言語』の中で、何が変わってはいけないKey で、何が Non-Key で、人々はそれをどうやって知るのでしょう。

(私は呑気(のんき)です。猿はモンキーです)

例えばモールス信号では音の長さは Keyですが、高さはNon-Keyであるというように。

 

生まれ落ちた次の瞬間、私は周りを福井弁を話す人たちに囲まれていたわけですが、その中には男性女性もいましたし、いろんなしゃべり方をした人がいたでしょう。

そこから何をKeyと理解して日本語福井弁を学んだのでしょう。

 

日本人ガールフレンドがいる外人さんの日本語女性っぽかったりするという、言葉/言い回しレベルの話は一旦置いておいて。

 

この場合ガールフレンドが早口だったり、かわいこブリッ子(死語か? 変換で出てこない)の高音だったりした場合、外人さんの日本語は早口だったり高音になったりするでしょうか。

それが日本語にとってKeyかNon-Keyかをどうやって判断するのでしょう。

 

教える側の女性が、彼の低い声を聞き取れるので、それを高音に直さないということはあるでしょう。

では、独学で外国語リスニングをする場合はどうでしょう。

 

男性フランス語を話す時、女性っぽくならないでしょうか。

 

(続く)