Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007/04/29

桜子のこと

10:55

先日受け取った全社メールの送信者が sakurakoさんでした。

 

さくらこ」という音に対する違和感があって、それは何故だろうかと考えておりました。
(同様のパターンには、薫子(かおるこ)という名前もあるのですが)

 

「何かしっくり来ない」という感覚がどこに由来するのか。

 

1.「さくら」あるいは「かおる」でも名前として完結しているのに、さらに「子」を付けていることで余剰感がある。


2.四文字(以上)の名前で「子」で終わるのは、「浜名湖」「十和田湖」のような湖の名前か、「小麦粉」「メリケン粉」のような粉の場合が大半であることでそちらをイメージしてしまう。

 

1については、「愛」/「愛子」などのパターンがあるので正しくないでしょう


2については、他に四文字以上で「子」で終わる女性の名前を探したのですが、見つかりませんでした。
そもそも「子」で終わるかどうかにかかわらず、四文字以上の女性の名前が見つかりませんでした。

 

これはどういうことでしょうか。

 


男性の場合は四文字或いは五文字の名前がたくさんあるのに、女性には無い。

 

以前書いた記事の、リズム関係しているのかも知れません。

 

竹下景子(たけしたけいこ)はは良くても、竹下景子姫(たけしたけいこひめ)にはならない。

 

名字より名前の方が音が多い時に、イメージとして下半身の方が大きく感じられるのを避けるのでは無いでしょうか。
名字の方が長いことで、逆三角形イメージとなります。

 

四文字(以上の)名前の女性の方、お友達になってください。

 


四文字というのは正確ではなく、四音とすべきですが、さらには遼子(りょうこ)さんの場合は、「りょ・う・こ」と三音に受けとめられます。