Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007/12/08

英文翻訳術 (続)

10:50

 

昨日、とある会でとある方にお会いして、「朝日カルチャーセンターの「英文翻訳1日入門」クラスの記事の続き、まだですか」とお言葉をいただきました。

 

おぉー! そうだった、忘れていた。

 

問題の記事はこちらです。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/shibutora/20070930/1191155257

 

しばらく温めておくつもりが温めすぎてほとんど蒸発してしまったような感じです。

 

未だモヤモヤしているのですけれど、以下のようなことだと思います。

 

  • 英語でこのようなことが出来るのであれば、他の言語でも出来るであろう。
  • 例えばイタリア語で同様のものを作ろうとすると、その過程で文法をものすごくしっかり勉強し直すことができるだろう。
  • 翻訳仏文法〈上〉 (ちくま学芸文庫)」なる本は既に売られていた。
  • 他方、外国語テキストを一旦フィルターを通して脳内に再構築し、それを日本語フィルターで出力する際には、外国語のインプットフィルターの影響は既に無くなっている筈であり、にもかかわらず元の外国語の構造に引っ張られて訳し方を変えるというのは違和感がある。
  • 同様の違和感は、辻谷真一郎氏のコースを受けたときも感じた。

 

ランキング参加中です。

1日1回、クリック、クリック

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ