Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008/05/09

語学留学について

11:41

 

「語学の上達を目指しての語学留学は意味が無い。国内で十分に語学の勉強をしてから、学部留学か、大学院留学をすべきだ」ということは良く言われます。

 

確かに私もそうだとずっと思っていました。

 

「語学を学ぶのではなく語学で学ぶ」ことによって、専門用語、専門知識が身につくというわけです。

 

語学留学で身につくレベルの語学力なら、国内でしっかりやれば十分身につくというわけです。

 

最近やや考えが変わってきました。

 

「国内でしっかりやれば十分身につく」のだけれど、「国内でしっかりやれない人」で「海外ならしっかりやれる人」というタイプもいると思います。

そんなタイプでなくても、周囲に日本人がいる時は正しい英語を話そうとしてそれが制約で話せないけれど、外国に行ってしまって周りに日本人がいない時は堂々と間違えられるので、習得が早いと言うことはあると思います。

 

また、ネットの発達により、学部留学、大学院留学で学べる内容がネットで学べるような時代になってきました。

そうすると、逆に、学部留学、大学院留学は無駄で、国内でネットで勉強すれば足りて、むしろ、物理的に環境を変えることで会話に必要な思い切りとか間違いを恐れない態度を身につける語学留学というのも、それほどむきになって反対することではないかも知れません。

(そうであっても最低限の文法、単語はやっていった方が、むこうでの伸びは違うでしょうけど)

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ