Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/05/30

英語を使う仕事に就きたいです

20:31

 

中学・高校で英語の成績が良かったりすると「英語を使った仕事に就きたい」と真剣に思うのですけれど、「英語」を「日本語」に置き換えると、「日本語を使った仕事に就きたい」ということになり、何も言っていないのと同じことです。

 

というようなことは、これまでにも何度も書いています。

 

また、

 

「英語ができるが故に英語に関係ない進路に目を向けなくなるのは悲劇である」というようなことをどこかで読んだのですが、見つかりません。

 

「英語は道具に過ぎない」ということであれば、「私は『のこぎり』を使った仕事に就きたい」と言っているようなものです。

 

と、ここまでが昨日までの私の主張でした。

 

そうは言っても、段々歳を取ってきて、会社の仕事で追いつめられたりすると「仕事も好きな仕事をしたい」と思うわけで、そうであるならば山が好きな人は山の見える場所で働きたいと思っても良いだろうし、英語が好きならば英語を使う環境で働くのも良いだろうと思うわけです。

(実際には英語が好きなのではなくて、英語を使っている自分が好きなのではないかと思いますが)

 

同時通訳のサイマルの小松先生が「英語ができるとカッコイイよ」と言って若い人に英語を使った通訳の道を勧めると言ってらっしゃいました。

 

英語ができるとカッコイイですかね。自分で気分が良くなりますかね。

 

カッコイイと思えるためには、周囲に観客が必要かも知れません。

会社で電話で英語をペラペラ話していると、「周りは俺のことを凄いと思っているだろうな」と気持ちよくなるのですかね。

 

そう言うのもありでしょう。

 

最近は英語で仕事していてもつらいですけど。

 

これについては過去記事「仏語と伊語と妻Rと」が参考になるかも知れません。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/shibutora/20080123/1201094658

 

会社でフランス語で仕事していたらちょっと私も元気が出るかも知れません。

 

最近まったく元気のない寅

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

せいせい2009/05/31 11:25> (実際には英語が好きなのではなくて、英語を使っている自分が好きなのではないかと思いますが)

この気持ち分かります。
自分は外国語、特に西語や伊語を学ぶのが好きでも、
逆に、英語や中国語は好きじゃありません。

でも、職場の現実として、
自分の専門エリアを英語を使って交渉できるということで、
周りのメンバーとの差別化をアピールしています。
ただし、英語だと差別化になり難いので、
時として、つたない中国語を使うだけでも、アピールになります。
この姿勢が周りに評価されると、これはこれで嬉しいです。

好きな仕事をするのは理想ですけど、
現実的には、必要になるもの(道具)を見定め、自分のスキルを磨き、
少しでもパフォーマンスを上げようと思って働いています。

スペイン語で仕事ができるなら、私も元気が出るかも。
でも、仕事で使い始めると楽しくなくなる恐れが。

私も最近まったく元気ありません...。

MarikoMariko2009/05/31 13:09お久しぶりです! この記事、思わず笑いながら拝読させて頂きました。確かに「英語」が好きなのか「英語を話している自分」が好きなのか、という観点もあるかもしれませんね(笑)また、私の場合には、「英語を通して得られる多様な考え方との接触」が楽しかったです(^^)今となっては、やっぱり英語を新鮮に保つためには、できるだけ多く触れなくては、という気持ちもあります・・!

ちなみに、私は自分の元気がイマイチな時につい読み返したくなる日記へのリンクをご参考まで添付します☆
http://ameblo.jp/nambadena/entry-10038950194.html

shibutorashibutora2009/06/14 20:15■せいさん、こんにちは。
先日はすれ違いで失礼しました。
 
好きを仕事にするとつらくなるかも知れませんが、外国語の研究者になるわけでもないし、通訳家、翻訳家になるわけでもないので、まだ良いかも知れません。
 
無性にドイツ語がやりたくなっている今日この頃。