Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/06/30

P.L.RP.L.R2009/07/01 20:41
私が読んだのは、
(6/7) "TIME(タイム)2009/06/02発売号 (6/8号)"
6/13) "TIME(タイム)2009/06/09発売号 (6/15号)"
6/15) "上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)" これは最高。必読。
(6/18) "Le Petit Prince" フランス語
(6/20) "TIME(タイム)2009/05/07発売号 (5/11特大号)" 特大号で時間がかかった

これから読んでみたいのは、
(6/1) "20世紀言語学入門―現代思想の原点 (講談社現代新書)"
(6/30) "小飼弾の 「仕組み」進化論"

てな感じです。

また来ます。

shibutorashibutora2009/07/20 08:11P.L.Rさん、こんにちは。
お気づきのように「Time」を読むのをやめました。
時間的に他の本三冊分くらい取られているので。
定点観測としては読み続けた方が良いのですけどね。
時間が無さ過ぎです。
 

2009/06/29

犬が来た

21:16

 

名前はまだ無い。

f:id:shibutora:20090628223545j:image

 

私「この犬種は牧羊犬? 狩猟犬?」

妻R「食用犬」

私「▲※●!!」

 

 

「メキシコ人の祖先のアズテカ族は、あまり大きくない無毛の犬を食用に飼育していたと伝えられるが、その犬の子孫がチャイニーズ・クレステッド・ドッグであろうと思われる」

との記載があちらこちらにあります。(同じ記事をコピペしているだけでしょうが)

 

無毛のタイプ(ヘアレス)と、毛ありのタイプ(パウダーパフ)がありますが、我が家のは毛ありのタイプです。

 

最近私も若干ヘアレス化が進んでいます。

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

こるもこるも2009/07/09 10:58メキシコの街にChihuahuaというところがあって、ここが「チワワ」の原産地であるといわれています。が、Chihuahuaに行っても「チワワ」はいないらしい。そもそも「チワワ」がChihuahuaから来たかどうかも、怪しいみたいです。謎はつきず。

shibutorashibutora2009/07/20 08:38へぇー、「ちくわ」はメキシコ原産だったんですか。知りませんでした。
 
寅(最近小さい文字が見えにくい)

2009/06/28

丸善丸の内本店~GREAT BOOK BARGAINS 2009~

21:26

 

丸の内本店 4F ギャラリー

2009年6月24日(水)~6月30日(火)

9:00~21:00(最終日は16:00閉場)

 

洋書30.000冊を超特価(60%~30%OFF)にて販売いたします!

毎年恒例となっております、夏の洋書特価セール、「グレートブックバーゲン」。

今回もペーパーバック、絵本、ビジュアルブック、写真集、辞書や専門書など、30.000冊の洋書を特別価格にて多数取揃えております。

恒例の電子辞書などもご用意しております。

この機会を是非お見逃しなく!

初日のお昼にダッシュで行き、金曜日のお昼もダッシュで行きました。

今回は棚が出来て、著者のアルファベット順の配列になっていて、整っている感じがします。

 

Yoshimoto Banana が B の場所に入っていたりという誤りはご愛敬として、例えばビジネス書も一般書と混ざり合っているのは、探すのに不便だと思いました。(著者名まで覚えていることは稀でしょうから)

 

ドイツ語は平台一区画。フランス語は絵本は数冊あったものの、ペーパーバックは初日に一冊みかけただけでした。

イタリア語も語学入門書を除けば皆無。

 

最終日も再度ダッシュの予定です。

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009/06/27

20世紀言語学入門 (工事中)

21:41

 

いろいろ面白かったので、ぼちぼち書き足していきたいと思います。

 

大学時代に名前を聞いたことがある学者がたくさん出てきて、決して初心者向けの入門編ではありません。

 

アリストテレスは存在について、確認できる述辞の全体を10個に分けている。

 

①実体か、②どれだけか(量)、③どのようか(質)、④何と比べてか(関係)、⑤どこでか(場所)、⑥いつか(時)、⑦姿勢でいるか(姿勢)、⑧状態でいるか(状態)、⑨なすか(能動)、⑩こうむるか(受動)

 

(中略)

 

アリストテレスが普遍的カテゴリーと思い込んでいたものは、たかだか、ギリシャ語の強制的観察にうながされて生じたものにすぎなかったのだということが、見事に証明されてゆくのである。以下同様にして、さきほどのアリストテレスのカテゴリーは、当時のギリシャ語の文法用語に置き換えられることとなった。

①実詞、②③代名詞からの派生形容詞、④形容詞の比較級、⑤⑥場所と時の副詞、⑦中動態、⑧完了、⑨能動態、⑩受動態

 

30~32ページより引用

 

サピアウォーフばりばりですね。

 

私は「人は言葉で考えるのではない」と考えているのですが、言語構造の枠組みに思考が縛られるのであれば、言葉の影響は大きいですね。

 

とすると、5W1H というのも、英文法の疑問詞に引っ張られているだけで、それが絶対唯一の整理法では無いというわけですな。

 

20世紀言語学入門―現代思想の原点 (講談社現代新書)20世紀言語学入門―現代思想の原点 (講談社現代新書)
加賀野井 秀一

講談社 1995-04
売り上げランキング : 120040
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009/06/26

肌荒れは誰?

10:32

 

『はだあれはだあれ』

 

もう本当にいっぱいいっぱいで、肌荒れもひどいのですが、とは言いつつ、お風呂でちゃんと石鹸を流していないからではないかとの妻の指摘にきちんと流すようにしたら復活したわけですが。

 

 

 

シジュウカラの話

 

ということで、突然ですが鳥の話。

 

・「私の人生、四十から」アラフォーの皆様に。

(注)「あら、アホ」の縮約形ではありません。

 

・「私のおサイフ、始終、空」

(注)ボーナス出たばかりですが

 

・「うちの奥さん、四十肩」

(注)苦しんでいます。

 

 

 

ステレオタイプの話

 

ということで、突然ですがステレオタイプの話。

英語で最初に stereotype という単語に出会って、辞書を引いて

 

1 固定観念, ステレオタイプ, 決まり文句, 定型[紋切型の]表現

 

とあるのを見た時の衝撃と言ったら.....

 

当時ラジカセはまだまだモノラルが主流で、ステレオタイプのスピーカーが両サイドにあるものなど手が届きませんでした。

 

そんな中で、ステレオタイプが、紋切り型の(モンキーではなく)とか、ワンパターンのという意味で使われているのを知った時には驚いたのでした。

(モノラルの方が変化がないぞ)

 

あらためて辞書を見ると二番目の訳語があり、

2 [C][U]《印》ステロ版, 鉛版;[U]ステロ版[鉛版]作製;ステロ印刷.

と書いてあります。

そのような印刷の種類があるようです。

そうであれば金太郎飴のように画一的なものになるわけですね。

 

 

 

twitterの話

 

ということで、twitterの話。

Time アジア版6/15号は表紙が twitterでしたが、これはとても面白かったです。

 

To Our Readers のページで

Twitter is a uniquely democratic form of communication -- that is, it's open to everyone, there is nocentral authority, and people vote on whom and what they like by signing up to be followers. It's about the wisdom -- or folly -- of crowds.

とありましたが、Google の検索エンジンでの順位付けの発想と近いものを感じました。

日本語のトラフィックもかなり多いようです。

 

twitter という名前の由来が、●●さんが『▲▲▲』と言ったぁから来ていることは余り知られていません。

(嘘です。私の作り話です)

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009/06/22

ダメージジーンズ

06:28

 

「ダメージジーンズ」

 

ある人のブログを読んでいて発見した単語

 

「ダメンズ」のお年寄り版、「ダメジジィンズ」かと思ってドッキリしました。

 

damage jeans のことだろうと思われます。

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

 

2009/06/20

どこからでもかかってきなさい

11:22

 

友達がいないので、私の携帯が鳴ることはないのですが、それはそれで寂しいと思うことがあります。

 

どこからでもかかってきなさい。

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

2009/06/19

くびれ 雑

11:19

 

最近(と言いつつ最近始まったことではないが)腰回りに無駄なお肉が付いてきています。

 

waist に waste が。うーん。同じ発音だ。

 

他方、腰回りというのはその絶対値と言うよりは、女性の3サイズにおいてはバストやヒップとの相対的な小ささで認識され、視覚的にもくびれ具合で認識されるという意味で、マイナスに価値があるというわけです。(以前も似たようなことを書いたような)

 

 

"Looks nice." は、「ルックスがナイスだね」ではないのですが、She looks nice. においては外れているわけでもありません。

(脈絡不明)

 

 

朝のニュースで足利市の話題が出ていて、水族館のショーで「アシカ」が「C」のポーズをしている様子を思い浮かべました。

是非とも足利市のマスコットに「アシカ」を選んでいただきたい。

 

似たような話で、最近とても忙しいのですが、「忙しい」->「いそがしい」->「磯が sea」と変換されてホッと一息付けました。

 

 

ラジオから「カム トゥゲザー」と聞こえてきて、これはもともとは「カム トゥ ゲザー」から来たのに違いないと思って、それはそれで正しいのですが、実は「come together」と「come to gather」と綴りが変わっていることをその時点で認識していなかったことに今気づきました。

 

 

神保町から大手町まで平日の朝に歩いていますが、J-waveから流れてくる番組に、アオハタ モーニング トラックス(Aohata Morning Tracks)という音楽番組があります。(月曜から木曜)

金曜日はこれがアオハタ ジャムアップ(Aohata Jam Up) という番組に変わるのですが、これによってアオハタがジャムの会社だと再認識させられるのでありました。

 

  

ボンレスハムというと、落ち着いて考えれば boneless ham で、「骨なしハム」となるわけですが、ボンレスハムと聞くと、ハムに巻かれた紐が食い込んでいる様子、太った人が縛られていて紐が食い込んでいる様子をまずは思い浮かべてしまいます。

「ボンレスハムのようだ」という表現がポピュラーだということでそのようになっているのでしょう。

それに加えて私の分析では

 

・「ボン」という音に膨らむ、破裂しそうというイメージがある

・「ボン」という音が bond、bondage などにつながり、縛っているイメージがある

 

という要素があると思います。

 

 

書き散らし


一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

MoominMoomin2009/06/21 17:42Good looking girl/boy.とかいいますよね。

でも
Hot looking girlってのはなぜかききません。

きっとエゲレス語にも語呂があるんでしょうね。

こるもこるも2009/06/24 14:26足利銀行のマスコットがアシカだったような…(うろ覚え)

2009/06/18

犬の名前募集中

10:31

 

妻Rが犬を買ったらしいです。

 

ネットで見つけて電話で申し込んで。

 

実物見ないで買うというのは、なかなか大胆だと思いつつ。

 

今度の水曜に到着するらしいですが、名前が決まりません。

アイディア募集中です。

 

現在の候補は

 

1.ナカムラ

2.セコム

 

色々考えたのですがアイディアが尽きて上のような状態になっています。

セコムというのは犬がホームセキュリティーも担当するということで。

 

犬種はチャイニーズクレステッド パウダーパフ

メスです。生後六ヶ月。

 

 

 

電車の中でお琴の楽譜を見ている女性がいたので、琴のイタリア語の cetra はどうかと考えました。

妻Rも私もお琴をやっていましたし。(生田流)

 

cetra は エトセトラ(etc)の cetra だと思っていたのですが、調べてみるとイタリア語(フランス語、ラテン語?)では et cetera でした。

なんと、ずっと間違えて覚えていました。

 

etはフランス語で使いますが、英語の and に当たります。

 

「&」という文字が etをくっつけて出来ているという記事をどこかに書いたのですが見つかりません。

 




 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009/06/17

メモメモ

22:56

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか。寅彦です。

 

相変わらず体調不良で、かつ追いつめられていて。そんなわけで寝る前に詰め将棋を始めました。

実生活とは逆の立場に立ち、相手の王将を追いつめようとするわけですが、将棋初心者なので3手詰めにもかかわらずなかなかピンと来ず、ますますイライラがつのるのでありました。

 

グループ会社の一つが経理部門で ABeam Consultingを使っているらしいのですが、ABeam と聞くと、フランス語の abîme (大きな隔たり、断絶、苦境、破滅)を思い出すのでありました。

 

最近すっかり日本語モードで、英語の曲が流れていて「Let me be」と歌っていたのであろうと思われるのですが、「Renminbi(人民幣)」と聞こえました。証券マンということでお許しを。

聞き取りが日本語モードになっていたのでLとRを区別できなかったと言うことでしょう。

 

びくともしない大きな岩を必死で押しているような最近の仕事は、スポーツの世界では「アイソメトリック」と呼ばれています。

 

先日三島に行った話は別のブログで書きました。行きの新幹線の東京駅のホームで、「メイドクッキー(Maid Cookie)」が売られていたのですが、「Maid in Tokyo」と書かれていました。

 

帰りの三島駅のキオスクには、「夜のお菓子 うなぎパイ」が売られていたのですが、その横には「真夜中のお菓子 うなぎパイV.S.O.P.」が売られていました。

夜中にお菓子食べると虫歯になるよ。

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009/06/16

体脂肪を落とすなら「ビスラットゴールド」

23:32

 

お腹が出てくると、それまで気にしていなかったダイエット商品のコマーシャルが目につき、耳につくようになります。

 

これがカラーバス効果とかレッドバス効果と呼ばれるものでしょうか。

 

 

それはそれとして、ビスラットゴールドで気になったのは、「ひょっとして『ビスラット』というのは、『Be スラッと』ではないか」ということでした。

「Don't worry. Be happy.」と同じように、「Be スラッと」ではないかと。

 

薬品関係は想像力豊かなネーミングが多いですから、その可能性も高いのではないかと思います。

 

先日読んだ「上達の法則」で、上級者の方が細かいところに気が付くというようなことが書かれていました。

大きな所は既に理解を容易にするためのコードが出来上がっているので、細部に注意を払うことが出来るというようなことです。

 

いつもいつも、言葉をこねくり回している私は、ひょっとすると上級者に近づいているかも。

 

外国語学習に於ける上級者は、きっと多くの作業を自動化することでワーキングメモリーを解放しているのだと思っていましたが、「上達の法則」によれば、一連の行動が大きなひとかたまりとなってチャンクとなることから、個別の行動がそれぞれチャンクとなる時に比べてワーキングメモリーを占める割合が小さくて済むということだそうです。

まあ、そう言われればそうかも知れません。

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 


 

 

2009/06/15

temperature principle と principal

22:42

 

いろいろ興味深い話題が展開されているのですが、しばらく外野から見学と言うことで。

http://bbs.tadoku.org/kb7.cgi?b=yayakoshiki&c=t&id=4847

 

学校英語での発音指導の弱い点は弁護するつもりはないですが、だからといって聞こえたままの丸ごと覚えを支持するつもりもありません。

 

・ゆっくりはっきり読んだ時の本来の発音

・早く、あるいは続けて読んだ時の単語の中での、あるいは単語と単語の間での音の連結、脱落の仕組み

 

という形で学ぶのが望ましいのではないかと思っています。

 

私の時代はNHKラジオの基礎英語で学びました。

(発音記号と、連結・脱落ルール)

 

これは文法を学ぶかどうかという議論と近いと思います。

 

応用が利くかという点です。

 

本来の発音と、連結・脱落ルールを知っていると、訛りのある英語と出会った時にその規則性をいち早く見いだし、対応することが可能になるような気がします。

 

たまたま「上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)」を読み終えたところなので、さらに強く思います。

 

これは本当に(私には)良い本でした。お薦めします。

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

さよなら英文法! 多読が育てる英語力  

22:28

 

 

酒井先生とのやり取りのすれ違っていた点は、

 

日本語訳の出来が良くない時

 

酒井先生「英語の理解が正しくできていない」

私&たかぽんさん「英語の理解が正しくできていないのかも知れないし、日本語に訳す能力に問題があるのかも知れないし、どこに問題があるか特定できない」

 

というものでした。

 

今日 tadoku.org の掲示板を見直していて、謎が解けたような気がしました。

 

http://bbs.tadoku.org/kb7.cgi?b=sakai-books&c=e&id=270

このコメントの真ん中の辺りで、英日翻訳についての酒井先生のコメント

「英語を読む能力と、日本語を書く能力しか関係ないので、日本語は全体の半分の大切さ!」

 

 

すなわち、英日翻訳の能力は「英語を読む能力+日本語を書く能力」と分解され、これは伝統的な四技能の切り分けです。

 

四技能の上に「訳す」という五番目の技能は想定しておらず、よって私たちとはすれ違いになるわけです。

 

英日翻訳の能力は「英語を読む能力+日本語を書く能力」であれば、英日バイリンガルはすぐに翻訳家になれてしまいます。

我々が母語の日本語に於いてさえ「上手く言えないのだけれど」となると言うのに。

 

「日本人であれば日本語を書く能力には問題ないであろう」という前提からスタートするのであれば、訳文がまずいのは英語を読む能力に問題ありと当然に帰結します。

 

まあ、謎は解けたと言うことで。

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009/06/14

読んでいる本

23:46

 

 

外国語学習法を学ぶところで難しいことは、上達した人自身が、自分の上達体験をきちんと理解できておらず、当然のことながらそれを表現できず、結果として指導できないということではないでしょうか。

 

効率性を求めないのであれば別ですが、効率的に上達する為の法則を発見したいと思います。

 

著者の岡本浩一さんの「最強の英語上達法」は素晴らしい本でしたので、この「上達の法則」にも期待しています。

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

外国語大好きおじさん外国語大好きおじさん2009/06/16 05:44岡本浩一さんの本は面白そうですね!僕も入手して読んでみようと思います。

2009/06/13

健康とサプリと英語学習と多読と

09:15

 

「英語ができるようになりたい」というのは、「健康になりたい」とか「幸せになりたい」とかと同じくらいに曖昧で、人によって意味するところが違うと思います。

  

それは違っても全く問題ないのですが、それがみんな同じだと思い込んで話を進めると意見がすれ違います。

 

美味しくご飯が食べられて、よく寝て、目覚めがスッキリしていることを健康と感じる人もいれば、フルマラソンを3時間台で走ることが健康だと思う人もいるでしょう。

 

「英語ができるようになる」という基準も人によってバラバラであるならば、「これさえやれば英語ができるようになる」という勉強法も存在し得ないことになります。

 

食生活がバラバラであれば、必要なサプリも人それぞれであり、「ビタミンCだけで大丈夫」とか「鉄分だけで」ということも有り得ません。

 

その人の状態、目標に向けてサプリを選んでいくわけです。

 

そうした場合、それぞれのサプリは鉄分なら鉄分、ビタミンCならビタミンCで、ピュアなものが望ましいです。

そうすることで、自分にピッタリのサプリは、鉄分が何パーセントで、ビタミンCが何パーセントでと、配合することが出来ます。

 

これが、鉄分と言いつつ、ビタミンCも既に含んでいたり、自分には必要ない亜鉛を含んでいたりすると、配合するのが難しくなります。

また、そもそもそのサプリの効果を測定する時に、鉄分の分が効果があったのか、亜鉛が効果があったのか分からなくなります。

 

個別のサプリはピュアであって欲しいと思います。

 

これはアロマオイルを調合するのでも、自分の投資ポートフォリオで業界をミックスするのにも、絵を描く時に絵の具を混ぜるのにも同じことだと思います。

 

最近酒井先生の掲示板で、tadoku のアプローチについての議論がありました。

 

「子どもが言葉を身につけるように英語を身につけていく」というアプローチは、個人的には無理だと思っていますが、酒井先生も実験と捉えていらっしゃるようです。

 

言語学習でそのような実験が難しいのは子どもに行う場合は倫理的な問題がある(結果的に修得できないことが数年後に分かった時に取り返しが付かなくなる)からでしょうが、分別のある大人がそれに参加するのであれば、それで身につかなかったからとしても問題にならないと言うことでしょうか。

これまでそもそも英語ができなかったのだからダメ元で構わないということでしょうか。

 

批判派のポイントは、「そのようなピュアなアプローチにいわゆる勉強を混ぜることでより効率的に修得できる道がある可能性があるのに、それを最初から否定しているのは問題である」というものですが、外野から見ている私としては上に書いたようにアプローチはがピュアなものであればその方が自分に取り込む時に取り込みやすいと思っています。

 

むしろ、ポイントは、「他の勉強法を混ぜることでもっと効率的に修得できる道があるかも知れないが、自分が酒井先生の壮大な実験に参加していて、それによって結果的に修得できずに終わるかも知れないが構わない」という点について参加者が意識しているかというところのような気がします。

 

かつてのSSSの掲示板においても似たような議論が時々ありましたが、(私の見ていた感じでは)あそこでの目的は「楽しくペーパーバックが読めるようになる」というものでしたから、その限定された目的に関して言うならば、SSSで展開されていたアプローチは一貫していたと思います。

 

多読に関してはいろんな研究が出ているようですが、それらについて「他の学者の言うことには興味がない」という酒井先生の態度も気になります。

「他の学者の言うことはすべて把握しているが見るものはないので興味がない」のであれば構わないのですが。

 

英語学習をスポーツのトレーニングに喩えるのは齋藤孝・斉藤兆史コンピにかぎらないでしょうが、「つらいトレーニングは近道だが途中で挫折するリスクがある」「楽しいトレーニングは上達が遅いが継続可能である」ということだと思います。

 

多読は楽しいから続けられるというのはその通りだと思います。

その分、修得に時間がかかるということです。

多読と言いつつ決して量が多くないのであればなおのことです。

 

私には時間がないので、引き続き外野からの観戦とさせていただきましょう。

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

2009/06/12

今日のメモ

21:39

 

会社でショッキングなことがあり、未だ呆然としておりますが、そんな時でもネタは出てくる。

 

 

麻生総理 苦渋の決断

Could you resign? 

 

オピニオンリーダー

他の人の意見を読むだけの opinion reader では意味はない。

 

高い目標

実現へのハードルが高すぎるならば下をくぐれば良い

 

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

2009/06/11

ペンマンシップ

23:59

 

朝の電車で前に立った女子生徒が取り出したノートには「Penmanship」と書かれていました。

 

おぉー。筆記体の練習帳か。懐かしい。

 

その時、penmanship が私の中でつながりました。

 

当時、中学生の時に penmanship という単語を見た時には「pen + man + ship = ペン・男・船?」状態でした。

でも、きっと辞書を引いて

 

penmanship 正式書法、習字、筆跡

 

という訳語を見て満足していたでしょう。

 

今日「つながった」というのは、penmanship という単語を見て、同じ仲間の sportsmanship と craftsmanship が思い浮かんだと言うことでした。

 

ということは、penman という単語があるはずだ。

 

辞書を引くと

 

penman

字の上手な人

筆記者、書記

作家、文人

 

とありました。

予想通り。

 

さらにそこから派生して、

 

craftsmanship と sportsmanship は、crafts、sports と前段が複数形になっているのに、どうして、pensmanship とはならないのか。

 

とか

 

男女平等の世の中であるから

 

sportspersonship、craftspersonship、penpersonship となるべきである

 

とかならないのだろうかと気になりました。

 

女子校の運動会の選手宣誓は、「スポーツウーマンシップに則り」とか言っているでしょうか。

女子校の皆さん、お友達になりましょう。

 

 

 一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

akoako2009/06/13 20:13人生に3年位なら、いい体験になるだろうと思い、高校3年間だけ女子校でした。スポーツウーマンシップは聞いたことありませんでしたが、何かありましたらまた思い出しますんで、よろしくお願いします。

shibutorashibutora2009/06/14 20:35■akoさん、こんにちは。
 
女子高生ネタを時々書くのですが反応がないのは気持ち悪がられているというところでしょうか。
 
引き続きよろしくお願いします。
 

2009/06/10

スケソウすり身下落

22:22

 

今日の日経朝刊の商品市況のページにあった見出しです。

 

多くの男性がこの「スケソウすり身下落」の記事にドキドキしたことでしょう。

 

「スケソウ」と来たら、「透けそう」を思い、「すり身」には「スリムな身体」を想い、「下落」には「自分の手の届く所まで降りてきた」と感じ。。。。

 

などと考える人など、いるわけがない。 

 

かまぼこ、ちくわなど練り製品の原料となる米国産スケソウダラすり身の価格の話でした。

 

「スケソウすり身」が指標になっているというのも知らなかったのですが、「すり身」と聞いて、「単数形はスリムだな」と思った私の複数形の作り方の感覚はおかしいかも知れません(「i」の音で終わっているとイタリア語の名詞の複数形を思う)。

 

音の持つイメージ、さらに日本語だと漢字の持つイメージが重要です。

 

今朝は神保町からの歩きの途中で霊柩車を見ました。

 

歩きながら「霊柩車」という文字が思い出せず、「霊久車」だったっけと悩んでいました。

「魂が永久に安らかに」と言うことであれば、「霊久車」もありかも知れませんし、「柩」の中にも「久」の文字があります。

永久に彷徨ってしまうのでは困りますが。

 

魂の救済であれば「霊救車」とか。

 

でも霊急車では駄目でしょう。

 

音の方では、霊柩車(rei-kyu-u-sha)の中に「ei-kyu-u(永久)」を見いだしてしまうのは、定冠詞の省略形「l'」に慣れ親しんだフランス語、イタリア語学習者の特質かも知れません。

 

 一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009/06/09

アメイジンググレース

00:07

 

亀井神宮レース

 

 

 

 

amazing grace なのですけれど、amazing race との発音の違いは?

 

前者は[g]の音が強く感じられる?

後者は[ŋ]の音(軟口蓋鼻音?)が強く感じられる?

 

前者では amazin' grace となるが、後者は amazin' race とはなりにくい?

 

 

良く分からん。

 

以前に書いたクローン人間の話のようだ。

http://blog.goo.ne.jp/shibutora/e/afe613b43fd8f157c2ccd688cc4cd7f1

 

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

2009/06/04

新宿に出かけて

05:37

 

小田急デパートの地下で

果物売り場

 

『スウィーティオパイン』を妻Rが試食しておりましたが、私は「スウィーティ・オパイン」と区切って読んでしまってドキドキしていました。

 

「甘いオパイン」

 

いや。その。オパイン opine という英語の動詞があって。名詞になるとopinionなのですけれど。

「甘いオパイン」ということで、甘い、耳に心地よい意見の述べ方かなと、ドキドキしたわけで。

 

メークイン(じゃがいもです)

アナグラムすると、メンクイー(面食いー)

 

有機野菜の反対は無機野菜?

 

  

お菓子売り場

舟和の「すぐれもん」というネーミングはナイスです。

レモン味だろう。

 

洋菓子売り場に gâteaux secs とありましたが、ガトーだと分かる人が後半も読み方を試みてしまうと危ないこともあります。

gateauが男性名詞だからこんなことになるのですが。

女性名詞ならsèches となったでしょう。

secではなくて、séchéを使えば危ないことはないのですが、この両者の使い分けはどうなっているのでしょう。

 

 

帰りの京王線

社内案内表示板(文字が電気表示で切り替わるもの)

 

「7人がけ、4人がけ」

 

右から読むと「けが人4、けが人7」

 

右から読む必然性は薄いものの危ない。

 

 

駅を降りてセブンイレブン

 

「きのこの山」

 

右から読むと「山のこのき」

 

右から読む必然性は薄いものの、「きのこの山」の中身はキノコよりも木に似ている。

 

昔の日本語は横書きは右から書いていたと言われていますが、あれは単に縦書き(上から下に。改行は右から左に)において、1行の文字数が1になった特殊な例だと言われています。つまり横書きではないのです。

 

 

森永チョコボール

『クエックエックエッ チョコボール♪』という曲がコマーシャルで流れていた時期がありましたが、「食え!食え!食え!」ということだったのだと思います。

 

自宅で

 

今読んでいる Amélie Nothomb の Mercure は、これまで読んできた彼女の作品とは感じが違います。(今まではお笑い系ばかり読んでいました) 

 

 

  

それはそれとして。今日読んでいたら jeûner(断食する) という単語が出てきました。

déjeuner が昼食をとる。朝食は petit déjeuner。

しかし、元の意味は de + jeûner 断食するのをやめる。

 

明確にそのように理解していたわけではないのですが(おそらく生まれて初めて jeûner という単語に遭遇したのですが)、類推で解決しました。

 

同じような作りが、英語の breakfast

fast 絶食する。断食 を断つ(break)する食事なので breakfastです。

 

そうなると fastfood(ファストフード) は断食フード(にはなりません)

 

fast から作られた動詞に fasten があります。(発音はファスンと t を発音しない)

となると、逆に考えると often (tを発音しない)も oft という動詞から来たのではないかと辞書で引くと

oft 副詞 = often とありました。

ちなみにイギリス英語では t を発音する人も多いです。

 

この en をつけて動詞化するパターンは多いですが、頭に付けるケース、後ろに付けるケース、両方あります。(頭に付ける時は em となる形も)

と考えていたら、enlighten という単語を思いつきました。

これは light にenを付けようとしていた時に、後ろに付けた人と前に付けた人と両方いたので、両方に付けた(わけでは決してないと思います)

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 


2009/06/03

ラジオ

13:54

 

最近は神保町から大手町までラジオを聞きながら歩きます

 

街角を眺めながらよりは、音声刺激が入ってきた方がダジャレは作りやすいという記事を以前に書きました。

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/shibutora/20081005/1223160728

 

ただし、神経がそちらに集中して、音声刺激以外のところに意識が回らなくなるという危険があります。(ダジャレ作りの為だけならば、別に歩かなくても電車の中でラジオを聞いていれば良いではないかということ)

 

とは言いつつ、お日様に当たらないと脚気(かっけ)になるので朝は外を歩くようにしています。

 

 

1.J-waveでヨガの話を聞きました

 

ヨガをすることは「ヨガる」とか言うのかしら。

「よがる」だと変な意味になりますが、「嫌がる」とか「欲しがる」との連想では「良い」+「かる」で作られたのでしょうかね。

「良いという気持ちを表現する」

 

ここで突然「ヨギ」というのはヨガをやる人のことではないかという世間の常識に思い至るのでありました。

(名詞でも動詞でも形容詞でも英語でも日本語でカタカナでも活用させてみようとしてしまう性格)

 

が辞書で引くと yogi (ヨガ行者)の発音は「ヨウジ」でした。

yogiは男性に使うので、洋次さんという名前でも全く問題ありません。

女性形は yogini らしいです。(じゃあ4時に(yogini)下の喫茶店で待ち合わせね)

 

日本でのヨガの始まりについてはこちら

http://shibutora.g.hatena.ne.jp/shibutora/20061112/1163319399

 

 

2.TBSラジオのコマーシャルで「母なる海」と言っていたような

何のコマーシャルだったか忘れたのですが、「フランス語では海は ラ・メール (la mer)、綴りは違うが母親も同じ発音(mère)です。母なる海のうんぬんかんぬん」と言っていました。

 

これを聞くと「海は母なんだ」と思ってしまうのですが、ん? イタリア語では海は男性名詞だぞと気づいてしまいました。

 

言語によって考え方が変わるというサピア・ウォーフの仮説を持ち出すのも何ですが、よその国の言葉で考え方が揺らいでしまうのもどんなものかと。

 

 

3.The E.N.D. - Black Eyed Peas

 

J-waveで今週紹介されていたアルバム。

 

タイトルの The E.N.D. は、Energy Never Dies (エナジー・ネバー・ダイズ)の略だということです。エネルギー保存の法則でしょうか。

それとも、「エネルギー出るよ、ねばねば、ダイズ」という大豆/納豆のコマーシャルソングでしょうか。

 

バンド名にも Peas と入っていますし。

pea (サヤ)エンドウ

おっ。エンドウとThe E.N.D. を掛けているのかも。(以下永遠に続くので省略)

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009/06/02

村上春樹の新作

21:15

 

私「村上春樹の新作が売り切れ続出らしいね」

妻R「あぁ、『IQ 84』(アイキュー84)ね」

 

(いや、その。IQ 84はやや低いですが、多分間違っていると思います。そのタイトル)

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

2009/06/01

キャリアパス

23:24

 

「部長! 私のキャリアパスは考えていただいているんでしょうか」

「君は一生そこのポジションだよ。出世もないし、転勤もない」

「そんな...」

「キャリアをパスしたんだろ」

「えっ?」

 

嫌な夢だった。

 

履歴書更新するか。

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ