Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010/03/03

女子パシュート、0.02秒差の銀メダルに寄せて

21:34

 

それで「パシュート」って何?

 

最初に「パシュート」って聞いた時には、アフガニスタンのパシュトゥン人/パシュトー語しか頭に浮かびませんでした。

 

パシュートって英語のpursuitから来ているんですね。

 

私の興味はどうして pursuit が日本語発音で「パシュート」になったかです。

 

カタカナ表記の大胆さをお許しいただけるならば、pursuitの発音は米語なら「パスート」、英語なら「パスィゥート」 です。

「パシュート」に特徴的な「シュ」の音が入っていないのです。(発音記号の[ʃ]の音)

 

pursuitをpur・suit と分けてみて、suitの発音を考えれば分かります。

 

あまりにヒマだったのでなぜ「パシュート」になったか考えてみました。(パシュートになった理由のパシュートを行ったという堂々巡り)

 

1.「パ」にアクセントがないので、「パ・シュート」と区切って理解された。フランス語のpasからの連想か。(一歩という意味のpasで、pas de deux。あるいは否定のpasで、pas malなど)

ここで、パで切れてしまうと、残りがサッカーの「シュート」などと近いので、思いっきり寄せてしまった。

(知らない単語を耳にすると知っている単語/音に寄せて聞き取ってしまうと言う人間の耳の癖があります)

 

2.最近の若者の「ら」抜き言葉(「食べられる」->「食べれる」)の影響で、「パラシュート」->「パシュート」となった。

 

3.パシュートと摩周湖が母音の配列が同じで据わりが良かった。

 

謎は深まるばかり。

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ 

 


 

学生学生2010/03/04 23:48ヒント:[j]

shibutorashibutora2010/03/05 11:00学生さん、こんにちは。
 
「ヒント:[j]」ということは、この語がイギリスから渡ってきたという仮定ですな。その根拠をご提示いただけるとうれしいです。
 
寅 @終始仮定 (常に仮説を置くのだが検証が進まず仮説のまま終わる。定年後は修士課程で言語学をやりたいなあ)

学生学生2010/03/23 20:57>この語がイギリスから渡ってきたという仮定
???

ヒント2:音声学(日本語も)

舌の動きを感じながら単純に考えてみてください。