Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010/08/16

マイ箸

00:04

 

日曜はダッシュで靖国神社に行った後、新宿の京王百貨店に。

 

妻Rの買い物のお供をすると、時々脇腹の骨が痛くなって立っていられなくなることがあります。

顔はニコニコしていても、身体が買い物のお供を嫌がっているようです。

女性はショッピング、男性はバイイングと言うことがあります。

shop という動詞を調べると to spend time going to shops/stores and looking for things to buy などと書いてあったりします。

何も買わずに時間だけが過ぎていくのが男性には耐えられないと言うわけです。

 

てなわけで、最近はデパートに行くと博物館に行ったつもりで商品をしっかり見るようにしています。

 

弁当箱売り場に「マイ箸」が売られていました。

マイバッグ、マイカップなどと同じで、「マイ箸」を持ち歩くのがエコだというわけです。

 

ところで、「マイ箸」に違和感を持ったのは、商品名が「まいはし」となっていて、「まいばし」では無かったと言うことです。

 

このブログにも何度か書いています連濁の話(例えば http://shibutora.g.hatena.ne.jp/shibutora/20090222/1235307330)との関係で、「まいばし」になると思ったからです。

それは、「橋(はし)」が「なみだばし」になったり「おもいでばし」になったりするのと同様で、あるいは「箸(はし)」が「わりばし」になったり「さいばし」になったりするのと同様だと思ったわけです。

 

なぜ連濁しないか。それは「マイ」が日本語になりきっていないからでしょう。

和語でないと連濁はおきない。しかし「かるた」は日本語化したので連濁したという解説があったような気がします。

 

確かに「マイカップ」であって「マイガップ」ではなく、「マイカー」であって「マイガー」ではないです。(「オーマイガー」は別の意味)

 

あと20年もすれば「マイバシ」とか「マイガー」とか言っているかもしれません。

 

 

一日一回クリッククリック 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ