Hatena::Groupshibutora

語学の方程式 英仏伊語トリプル三冠王 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012/01/30

株式会社アルク主催のイベントに参加しました。 (その1)

01:32

 

ということで、参加して来ました。

 

そろそろ閉じようかと思っていたこのブログでしたが、アルクさんのブロガーイベントに申し込んだらご招待いただいたので、閉じるわけにも行かず慌てて数日前から再開したところです。

しばらく続けなければ...

 

昨年から今月に掛けてネットでは「ステマ」、食べログのやらせ騒動などが注目を集めていて、我々ブログ書きも企業の商品やサービスを紹介する際にはこれまで以上にしっかりする必要があります。

私は英国の公認会計士ですが、会計士の独立性に関して次のような表現があります。

「to be, and to be seen to be independent」

私の好きな言葉であちこちで使っています。 自分が気をつけていて周囲から独立/中立の立場でいることはもちろん重要であるが、周囲からもそのように見られる必要があると言うことです。

今回アルクさんのイベントに参加してこれからそのアプリについて書くわけですが、お土産に iTunes カード 1,500円分をいただいたということをきちんと記載した上で、ブログ読者の方にそのような前提で記事を読んでいただくということです。

個人的には1,500円は嬉しいですが、それよりも開発担当でフランス語学習中のすてきな女性と名刺交換させていただいたことの方が嬉しくて、それに引っ張られて今回のアプリを推奨する記事を書いてしまうかも知れません。

話は変わって、アルクさんとのつながりは古く(私が年寄りだと言うこともあるのですが)、学生時代から沢山お金をつぎ込んで来ました。

ヒアリングマラソン、リーディングマラソン?、English Journal、その他たくさんの英語学習本。

永福町にあるアルクの本社も家から近いので、ようやく出会えたと言う感もありました。(アルクさんの商品やサービスに私がとても詳しいので、懇親会の席で驚かれました)

社員の皆さんが外国語が好きだというのが私にも伝わってきて、「好き」を仕事にしている皆さんがうらやましいと思った瞬間でした。

 

 

さて、それではアプリの紹介ですが、他の参加者の方のブログに詳しいので、そちらをご参考にしてください。

和田さんのブログがわかりやすいです。

私は正直なところ、期待していませんでした。

私は(妻もそうですが)電磁波過敏症で、この日も妻とPHSで夕方に9分間通話して気分が悪くなっていたところでした。かつてはフランス語学習に集中してmp3プレーヤーでフランス語音声を長時間、何ヶ月も聴いていて体調を崩したこともあり、そもそもリスニングのアプリには(自分が使うかどうかという点では)全く興味がありません。

また、iPhone の英語学習アプリ一般の話として、基本は細切れ時間を活用するモノが多く、結果として題材が単語や短文が中心になること。長時間必要となるのモノは売れない。結果として売りやすいモノしか作られず学習者側はそこで提供される勉強法がすべてだと勘違いしてしまう。という思いもありました。

実際には外国語能力はどのような要素からできていて、その学習者がどの分野をどこまで伸ばしたいのかを明らかにし、それぞれについて(学習者の性格や学習スタイルを踏まえて)学習法を提案していく「外国語学習アドバイザー」が必要なのであり、そこで用いられるツールの一つとして今回のアプリを提案するというのがあるべき姿だと思います。

とは言ってもとりあえず就職や昇格試験のためにTOEICの点数を上げたいので、とにかくリスニング力をあげたいという学習者もいるので、間をすっ飛ばしてピンポイントでこのようなアプリに飛びつくというケースもあるのですけれど

 

Fans:Fans